RSS

生肉ラープ食べ、タイ人男性死亡

2016年6月13日(月) 22時26分(タイ時間)
【タイ】タイ東北部ナーン県で、豚生肉のラープ(スパイシーハーブ和え)を食べたタイ人男性4人が病院に運ばれ、うち1人が死亡していたことが明らかになった。

 12日付タイ字紙カオソッドによると、死亡したのは村の助役を務める52歳の男性。知人のパーティーでふるまわれた豚生肉のラープを食べた2日後におう吐、血便、関節まひなどの症状を起こして病院に搬送され、3日に死亡した。パーティーに同席した56歳の村長ら3人も同じ症状で病院に運ばれたが、命に別状はなかった。

 死亡した男性は、豚生肉から豚レンサ球菌に感染し、髄膜炎を起こしたとみられている。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国の国家衛生計画生育委員会はこのほど、2015年に全国28省(自治区・直轄市)で通報を受けた食中毒事件が169件に達し、前年比で5.6%増加したことを明らかにした。

【タイ】タイ保健省によると、2015年にタイ国内で報告があった毒キノコによる食中毒は1329件で、10人が死亡した。

タイ当局が選ぶ食中毒になりやすい10の料理newsclip

【タイ】タイ保健省は暑い時期に食べると食中毒になりやすい10の料理を上げ、注意を呼びかけた。



新着PR情報