RSS

曽田香料、タイで現地生産

2016年6月14日(火) 10時07分(タイ時間)
【タイ】曽田香料(東京都中央区)は10日、曽田香料グループが70%、タイの商社ナムシャンが30%出資し、飲料・食品用香料の製造販売会社をタイに設立すると発表した。総投資額は約5億円。

 新会社はナムシャンがバンコク近郊に保有する倉庫および開発センターの敷地内に工場を建設し、早ければ2017年7月に生産を開始する。当初はタイに進出している日系飲料・食品メーカーへの供給が中心となる見込み。将来的にはタイ現地メーカーや、ベトナム、ミャンマー、カンボジアなど周辺国にも販売を広げる。

 日系香料メーカーがタイに本格的な香料製造拠点を持つのは初めて。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】長谷川香料は24日、食品用粉末シーズニングと液体香料の製造販売を手がけるマレーシア企業ペレスコルの全株を取得する。買収額は明らかにしていない。

【シンガポール】高砂香料工業は6日、シンガポールの全額出資子会社タカサゴ・インターナショナル(シンガポール)が香料の生産・研究開発施設を拡張すると発表した。投資額約24億円、年産能力約2万トンで、...

特集



新着PR情報