RSS

釣り鐘落下で女児死亡 タイ東北の仏教寺院

2016年6月16日(木) 16時10分(タイ時間)
【タイ】16日午前9時半ごろ、タイ東北部ナコンラチャシマ県の仏教寺院で、釣り鐘3個を支えていたレンガの柱が突然倒壊し、下にいた幼稚園児のグループに釣り鐘やレンガが当たり、2歳の女児が死亡、男児2人がけがをした。

 釣り鐘は高さ2メートルほどの2本のレンガの柱の間に渡した棒から吊り下げられていた。警察が倒壊した原因を調べている。

 事故当時、現場周辺には遠足で訪れていた幼稚園児16人と引率のスタッフがいた。
《newsclip》

注目ニュース

線路上に巨岩落下 タイ西部の「死の鉄道」newsclip

【タイ】11日朝、タイ西部カンジャナブリ県の山中を走るタイ国鉄(SRT)ナムトック線(旧泰緬鉄道)のワンポー駅とターキレン駅の間で、線路上に重さ数トンの岩が落下しているのがみつかり、同路線が一時不...

【タイ】タイのテレビ報道によると、8日午後7時ごろ、バンコク郊外サムットプラカン市のスクムビット通り下り車線で、路上の高架電車建設現場から、金属製の足場の一部が落下し、走行中のタクシーとバンに当た...

大型トラックが橋桁に衝突、衝撃で歩道橋落下 タイ南部ソンクラーnewsclip

【タイ】20日早朝、タイ南部ソンクラー県の幹線道路で、砂糖会社の大型トラックが歩道橋の橋桁に衝突し、運転していたタイ人男性(22)が死亡した。

灯ろう飛ばし チェンマイ空港に25個落下newsclip

【タイ】タイ陰暦12月の満月の夜に灯ろうを流して1年の罪を流す伝統行事「ロイクラトン」(灯ろう流し)が25日、タイ全土で行われた。

【タイ】22日午後8時20分ごろ、バンコク北部のドンムアン空港で、搭乗橋が旅客機に接続しようとした際に前方に傾いて地上まで落ち、使用できなくなる事故があった。乗客、乗員、作業員らにけがはなかった。

【タイ】17日、バンコクのタイ首相府で、閣議が開かれていた会議室の隣の控室で、天井に取り付けた扇風機が外れて落下し、アーコム運輸相付きの陸軍少尉の男性に当たった。

【タイ】9日午後5時40分ごろ、バンコク都タウィーワタナー区の学校で、駐車場の屋根が幅約数十メートルにわたり落下し、駐車してあった自動車26台が破損した。けが人はなかった。

特集



新着PR情報