RSS

中国:膨らむ就活コストに悩む大学生たち、「顔が大事」と美容整形も

2016年6月17日(金) 15時09分(タイ時間)
【中国】卒業シーズンを前に、中国の大学生たちが就職活動に励んでいる。中国青年報は14日、西部の貴州省で交通費やスーツ代、宿泊費など、日々膨らむ就活コストに悩みながら働き口を探す大学生たちの様子を伝えた。

 ある女子学生は就職活動に便利なようにと、寮を出て貴陽市内にアパートを借りた。家賃は月500人民元(約8000円)。ほかにも交通費やスーツ代、化粧品代など多額の費用がかかるが、実家は貧しく親に負担はかけられない。そこで、路上で物を売り、費用を稼ぐことを思いついた。同級生の一部もこうした物売りやアルバイトで就活費用をまかなっているが、大多数の学生は親に頼っているという。

 また、貴州省の農村部出身で広東省の深セン大学に通う別の女子学生は、故郷の景気の良さを見てUターン就職を目指すことを決めた。公務員になりたいが、4月に受けた試験は不合格。貴州省で試験を受ける必要があったため、広東省からの交通費や試験費用、宿泊費などを含めると1300人民元がかかった。ほぼ1カ月分の生活費に相当する額のため、2度目の試験を受けるかどうかためらっている。公務員試験のための講座を受ければ合格の確率が上がると思うものの、こうした講座は受講料が高く、自分にはとても払えない。

 一方、別の女子学生は母親にも費用を助けてもらい、鼻を高くきれいにする美容整形手術を受けることを決めた。費用は約8800人民元。高額だが「就活では顔が大事」と割り切っている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報