RSS

中国:広東で台湾企業を従業員包囲、2日にわたり経営陣軟禁

2016年6月22日(水) 23時26分(タイ時間)
【中国】広東省珠海市にある台湾資本の宝飾品製造会社、キン谷国際で20日午前7時ごろ、関連会社の従業員46人が工場を取り囲む事件が発生した。総経理ら台湾人2人を含む経営陣6人が2日間にわたり、建物内に閉じ込められているという。台湾中央社が伝えた。

 電話取材に応じた張総経理によると、関連会社の従業員らは工場の電気と水道を止めた上、経営陣6人の行動の自由を制限している。軟禁状態は22日も続きそうだという。

 行動を起こした46人は唐家南芸精品廠の従業員。キン谷国際と直接の資本関係はないが、張氏が総経理を兼任している。唐家南芸精品廠は昨年6月、経営不振を理由に46人の雇用契約を解除した。

 唐家南芸精品廠の工場などの資産は、裁判所に差し押さえられている。46人は補償を求め、キン谷国際を取り囲んだとみられている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報