RSS

サタケ、ミャンマーにコメ加工機器ショールーム

2016年6月27日(月) 15時49分(タイ時間)
ショールーム外観の画像
ショールーム外観
写真提供、サタケ
ショールーム展示品の画像
ショールーム展示品
写真提供、サタケ
【ミャンマー】サタケ(広島県東広島市)は27日、ミャンマーの販売協力会社アディパティがヤンゴンにサタケの加工機器の展示販売用ショールームを開設したと発表した。

 ショールームにはサタケの籾摺機、石抜機、精米機、研米機、光選別機、計量包装機など一連の加工機器が展示され、実機を見ながら商談ができる。

 アディパティは自社の精米工場を所有し、国内外に白米を販売。2010年にサタケの光選別機を導入し白米の品質が大幅に向上したことを機に、同年、既存設備をサタケの精米プラントに一新。2012年にはサタケの精米機器を取り扱う販売協力店業務を開始した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ商務省によると、1月1日―6月20日のタイ産コメ輸出量は前年同期比11・4%増の471万トン、輸出額は7・8%増の15億4600万ドルだった。通年では950万トンを見込む。

【タイ】タイのテレビ報道によると、中部ナコンナーヨク市の市場で販売されていた白米の一部に白米に似せたプラスチック粒が混じっていたことが判明し、当局が流入ルートを捜査している。

特集



新着PR情報