RSS

中国:湖南省で観光バス衝突・炎上、行楽客35人が死亡

2016年6月28日(火) 15時10分(タイ時間)
【中国】湖南省宜章県内の宜鳳高速道路で26日午前10時20分ごろ、大型観光バスが道路脇のフェンスに衝突し、まもなく炎上した。中国政府系メディアによると、バスには55人が乗っており、子どもを含む35人が死亡、11人が重軽傷を負った。

 衝突によって燃料タンクが壊れ、引火したとみられている。警察は運転手を拘束して事情を聴くとともに、事故の原因を調査中だ。

 観光バスには、省内の景勝地「莽山」行きの日帰りツアー客が乗っていた。事故を起こしたバスは他の2台とともに、午前8時ごろに耒陽市を出発した。

 ある男性乗客は、「ボンボンという音が聞こえたかと思うと、すぐに火の手が上がった」と話している。この男性乗客が窓から脱出した後、ほどなくバス全体が炎上したという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日朝、バンコク郊外のスワンナプーム空港に向う道路上で、大型バスが炎上した。死者、けが人はなかった。

タイ国内のスクールバス事故、昨年24人死亡newsclip

【タイ】タイ保健省によると、2015年にタイ国内で発生したスクールバスの事故は17回で、24人が死亡、212人がけがをした。今年1―5月では7回発生し、4人が死亡、90人がけがをした。

2階建て路線バスが横転大破、7人死亡 タイ中部ペチャブリnewsclip

【タイ】23日午前3時15分ごろ、タイ中部ペチャブリ県で、バンコク発南部チュムポン行きの2階建て路線バスが道路脇の電柱に衝突して横転、大破し、運転手の男性と乗客の男女6人の計7人が死亡、20人が重...

タイ東北で路線バス横転、15人けがnewsclip

【タイ】9日午前5時ごろ、タイ東北部ウボンラチャタニ県で、バンコクからウボンラチャタニ市に向かっていた長距離路線バスが横転し、乗客、乗員15人がけがをした。

社員旅行バスに列車衝突 3人死亡、22人けが タイ中部ナコンパトムnewsclip

【タイ】3日午前7時半ごろ、タイ中部ナコンパトム県のタイ国鉄の踏切で、2階建てバスにバンコク発西部カンジャナブリ行きの旅客列車が衝突し、バスの運転手と乗客2人の計3人が死亡、22人が重軽傷を負った。



新着PR情報