RSS

タイ人ニューハーフが視力喪失、無免許の美容整形医逮捕

2016年6月29日(水) 01時35分(タイ時間)
【タイ】バンコク首都警察は26日、無免許で美容整形のクリニックを開業していた男を逮捕したと発表した。

 逮捕されたのはソムサクン容疑者(40)。同容疑者の施術を受けたニューハーフの男性(29)が昨年8月、フィラー(ヒアルロン酸、コラーゲンなどの皮膚充填剤)の顔面注射を受けて視力を失ったと被害届けを提出しており、これをもとに警察が捜査を進めていた。

 ニューハーフ男性によると、フィラー注射は1回につき3本、計4~5回受けており、最後の注射をした後に顔のしびれや目のかすみ、吐き気などを訴えた。総合病院で診てもらったところ「充填剤が血管に詰まって視神経が麻ひしている」と言われ、現在もぼんやりとしかものが見えないという。
《newsclip》

注目ニュース

医師資格なしでボトックス注射、バンコクの美容クリニック摘発newsclip

【タイ】タイ保健当局は25日、バンコク都内ラマ9世通りのショッピングセンター、セントラルプラザ・グランド・ラマ9に入居する美容クリニックを捜索し、無許可の医薬品などを押収した。

【タイ】23日夜、バンコク都内ラープラーオ通りソイ41の美容クリニック「SPクリニック」で、英国人女性(24)が手術中に死亡した。

特集



新着PR情報