RSS

中国:湖北省潜江の農薬工場で汚染反対デモ、当局は建設中止宣言

2016年6月30日(木) 11時00分(タイ時間)
【中国】湖北省仙桃市でゴミ処理施設の建設に反対する住民の大規模なデモが起きたのに続き、同省潜江市でも27日、農薬工場の建設反対デモが起きた。最終的には、市政府が建設中止を宣言している。

 人権団体の「民生観察室」などによると、午前8時半ごろ、市政府庁舎前に住民が集まり、湖北奥古斯特農薬公司による大規模な工場建設に反対するデモを始めた。まもなく市党委員会の書記らが現れ、「汚染対策をしっかり行う」とコメント。ただ、この段階では「建設はあくまで続行する」と宣言していた。

 その後も住民らは市内各所でデモを続行。横断幕などを持ち、スローガンを叫びながら市政府庁舎に向かった。デモ参加者は増加し続け、最終的には数万人に達したという。

 午前11時、副市長が現れて農薬工場の建設中止を宣言。市政府の広報部門も、建設中止を知らせる正式コメントを発表した。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報