RSS

タイ軍事政権、中国製潜水艦の購入認める

2016年7月1日(金) 17時54分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権の有力者であるプラウィット副首相兼国防相(元タイ陸軍司令官)は1日の記者会見で、2017年度予算で、タイ海軍が中国製の通常動力型潜水艦3隻を計360億バーツ(約1000億円)で購入することを認めた。

 購入するのはS26T型潜水艦。タイ海軍は韓国、ドイツなど6カ国の潜水艦を比較検討し、中国製を選んだ。

 2014年5月の軍事クーデターで発足したタイのプラユット軍事政権は早期の民政復帰を求める欧米と対立し、中国に傾斜。潜水艦の購入で、軍事面を含む中国との関係が一層強まる一方、同盟国である米国との関係に亀裂が入るとみられている。

 タイ海軍は現在、潜水艦を所有していない。これまで度々、潜水艦の導入を時の政府に働きかけ、2012年にはドイツ製の中古潜水艦6隻の購入をタクシン元首相派インラク政権に打診したが、不要として却下された。海軍はその後、潜水艦を所有しないまま、タイ東部の海軍基地に潜水艦部隊司令部を建設、2014年に開所した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】23日、バンコク郊外のサムットプラカン県で、8月7日に予定されている憲法案の国民投票で反対票を投じるよう呼びかけるビラを配っていた学生ら十数人が兵士に身柄を拘束された。

【タイ】タイ字紙タイラットなどによると、タクシン元首相派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」は19日、8月7日に予定されている憲法案国民投票を監視する事務所を全77都県で開設しようとした...

【タイ】タイ軍事政権がインターネットを使った政権批判の取り締まりに力を入れている。

タイ軍政、タクシン派元閣僚の身柄拘束 憲法案批判でnewsclip

【タイ】タクシン元首相派の政党、プアタイ党に所属するワタナー・ムアンスク元商務相(59)が18日、バンコク都内の陸軍基地に出頭し、軍に身柄を拘束された。

タイ軍政首相と枢密院議長、互いにほめ合うnewsclip

【タイ】9日、バンコク都内のタイ空軍施設で、プレム枢密院議長(元首相、元陸軍司令官)、プラユット首相(元陸軍司令官)夫妻、プラウィット副首相兼国防相(元陸軍司令官)らが出席し、タイ空軍の創設記念日...

「何の価値もない」 タイ軍政首相が激怒newsclip

【タイ】短気で知られるプラユット首相が2日、軍事政権が作成した新憲法案に関する記者団の質問に機嫌を損ね、怒りをぶちまける一幕があった。首相は1月1日のテレビ演説で自らの短気を戒めたばかりで、早くも...

「民主主義は選挙だけではない」 タイ軍政首相、米国務次官補に反論newsclip

【タイ】ダニエル・ラッセル米国務次官補がタイを訪問し、16日、タイ軍事政権のプラユット首相と会談した。

【タイ】タイ警察が不敬罪容疑でグリン・デイビス駐タイ米国大使の捜査を開始したことが明らかになった。タイの同盟国である米国の大使に対する捜査は異例中の異例。昨年5月のタイの軍事クーデターで冷え込んだ...

【タイ】タイ軍事政権のドン副外相(元駐米大使、元国連大使)は28日、パトリック・マーフィー駐タイ米国代理大使をタイ外務省に呼び、26日に訪タイしたダニエル・ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担...

特集