RSS

中国:ごみ焼却施設建設に反対、広東省肇慶で1万人がデモ

2016年7月4日(月) 23時48分(タイ時間)
【中国】広東省中西部の肇慶市禄歩鎮で3日、ごみ焼却施設の建設に反対する住民1万人がデモ行進し、出動した警官隊と衝突した。住民側の主張によると、ごみ焼却施設は水源地に建設される予定で、数十万人の健康が脅かされるという。香港メディアが伝えた。

 デモ参加者は禄歩鎮の街路を埋め尽くしたほか、近くの国道を占拠して車両などの通行を止めた。警官約1000人が鎮圧を図ったが、デモ参加者はペットボトルを投げつけるなどして抵抗した。

 ごみ焼却施設の建設予定地は肇慶市に近いだけでなく、広州市や仏山市の水源となっている「西江」からわずか1キロの場所に位置する。深刻な水質汚染と健康被害を招く恐れが指摘されている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報