RSS

ホンダ、タイで23万台追加リコール タカタ製エアバッグ問題

2016年7月12日(火) 18時14分(タイ時間)
【タイ】ホンダのタイの四輪車製造販売子会社ホンダオートモービル(タイランド)は12日、タカタ製エアバッグの不具合で、タイで23万4819台を対象とする追加のリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

 運転席側エアバッグのインフレーター(膨張装置)がエアバッグ展開時に破損する恐れがあり、予防的措置として、問題のインフレーターを交換する。

 リコールの対象車種は▼「シティ」(2012―2013年)▼「ジャズ」(2012―2013年)▼「CR―V」(2011年)――など。

 ホンダがタイでこれまでに発表していたタカタ製エアバッグの不具合によるリコールの対象車種は、運転席側エアバッグのインフレーターの交換が▼「ブリオ」(2012―2014年)▼「ブリオ・アメイズ」(2014年)▼「シティ」(2003―2011年)▼「ジャズ」(2009―2011年)▼「シビック」(2006―2011年、2013―2014年)▼「アコード」(2004―2007年)▼「CR―V」(2007―2010年)――。

 助手席側エアバッグのインフレーター交換が「シティ」(2003―2009年)▼「ジャズ」(2004―2009年)▼「シビック」(2001―2009年)▼「アコード」(2003年)▼「CR―V」(2002―2009年)▼「ストリーム」(2002―2004)――。
《newsclip》

特集



新着PR情報