RSS

中国:男性も「外見重視」、1日に基礎化粧品2.5種類使用

2016年7月13日(水) 13時22分(タイ時間)
【中国】市場調査会社のカンター・ワールドパネルが中国大都市部の男性を対象に行った調査で、男性たちが1日に平均2.5種類の基礎化粧品を使っていることが分かった。

 73%の男性が「職探しや恋人探しで見た目は非常に大事だ」と考えており、“よりモテる顔”を目指して日々、スキンケアに励んでいる。重慶時報が8日付で伝えた。

 調査によると、男性向け基礎化粧品の売上高は2015年に前年比7%増加し、伸び率は男女合計の5%を上回った。ただ、メイクアップ化粧品や香水などを使っている人は少なく、基礎化粧品を含めた男性用化粧品の売上比率は中国市場全体の5%にとどまる。男性用のアイテムが少ない分野もあり、ある男性は「妻と一緒にフェイスパックをよく使っているが、売られているのは女性用ばかりで、男性にはサイズが小さすぎる」と不満を口にしていた。

 「就職には見た目が大事」という意識が広がったことで、男性が化粧品を使うことに対する抵抗感が少なくなってきた様子だ。中国青年報の社会調査センターが男性2000人を対象に実施した調査によると、46.6%の人が「男性が化粧品を使うことに賛成だ」と答えた。「反対」の回答は22.1%。また、「身の回りで化粧品を使う男性が増えていると思う」と答えた人も57.6%に上った。男性が化粧品を使う主な理由は、「肌をきれいにするため」「自分に自信をつけるため」「大気汚染によるダメージを減らすため」だという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報