RSS

中国:長江流域豪雨で4900万人被災、死亡・不明222人に

2016年7月13日(水) 13時22分(タイ時間)
【中国】長江洪水防止・干ばつ対策指揮部は11日の記者会見で、長江流域を中心とした集中豪雨によって深刻な水害が発生し、10日までに約4900万人が被災したことを明らかにした。死亡・行方不明者は222人に達している。国営メディアが11日伝えた。

 同部によると、水害期に入った今年3月以降、長江流域は計27回の豪雨に見舞われた。例年に比べて雨量は2割増、下流地域では倍増している。

 今月10日までに、湖北、安徽、湖南、重慶、四川など10省市の625県・区が深刻な水害に遭った。4919万人が被災し、倒壊家屋は11万室に上る。死者は161人、行方不明者は61人。その多くは、家屋の倒壊、洪水、土砂災害によるものという。

 長江水分局によると、13日以降、長江流域は再び連日の豪雨が見込まれる。特に中下流域に集中し、水害がさらに悪化すると懸念されている。
《亜州IR株式会社》

特集