RSS

書店B2S、バンコクに旗艦店を開設

2016年7月14日(木) 01時06分(タイ時間)
【タイ】タイ小売り大手セントラル・グループ傘下企業で書店「B2S」を展開するB2S社は12日、旗艦店となる支店「シンク・スペースB2S」の開業式を行った。

 新支店は、バンコク東北部ラープラーオ区プラディットマヌタム通りのショッピングセンター(SC)「セントラルフェスティバル・イーストビル」内に4億バーツを投じて開設。床面積は3000平方メートルでタイ最大。販売する書籍は10万点以上。

 最初の1年で3・5億バーツの売り上げを期待している。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】香港の出版社兼書店「銅鑼湾書店」の出資者と職員5人が中国当局に連行されたとみられる事件で、8カ月ぶりに香港に戻った林栄基店長が16日、記者会見し、香港の高度な自治を認める「一国二制度」に背いて...

【ベトナム】紀伊國屋書店は9日、ベトナム最大の国営書店兼取次店のFAHASAと提携し、ホーチミン市で地元顧客向けに日本語書籍の販売を開始すると発表した。

【中国】電子書籍の読者数が中国全体で3億人に迫る水準にまで拡大した。なかでも、モバイル端末を介した利用が目立つ。パソコンを通じた読書よりも、比率が大幅に高いという。13日に杭州市で開催された「第2回数...