RSS

タクシン派政党幹部、憲法案否決に帰省呼び掛け

2016年7月14日(木) 01時06分(タイ時間)
【タイ】タクシン元首相派のプアタイ党のチャワリット副幹事長は13日、東北部出身者は憲法案の国民投票で投票するために帰省するべきだとして、帰省キャンペーンを行う考えを明らかにした。民主主義、公平性が懸念されるとして、投票権を行使するべきと主張した。

 東北部はタクシン派が優勢のため、投票率を高めて反対票の上積みにつなげる狙いがあるとみられる。

 憲法案の国民投票は8月7日に行われる予定。民政復帰後も軍が影響力を保持する内容だとして、プアタイ党のほか、反タクシン派の民主党も反対している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】プラユット首相は27日、憲法案が国民投票で否決された場合も、辞職しない考えを明らかにした。欧州連合(EU)離脱を問う英国の国民投票で離脱が決まり、残留派のキャメロン首相が辞意を表明したが、...

【タイ】23日、バンコク郊外のサムットプラカン県で、8月7日に予定されている憲法案の国民投票で反対票を投じるよう呼びかけるビラを配っていた学生ら十数人が兵士に身柄を拘束された。

【タイ】タイ字紙タイラットなどによると、タクシン元首相派団体「反独裁民主戦線(UDD、通称赤シャツ)」は19日、8月7日に予定されている憲法案国民投票を監視する事務所を全77都県で開設しようとした...

【タイ】タクシン元首相派の民選政権を倒した2014年5月22日の軍事クーデターから丸2年となる22日、軍事政権に反対する市民数十人がバンコク都内のタマサート大学から戦勝記念塔まで行進した。軍政によ...

【タイ】タイ軍事政権がインターネットを使った政権批判の取り締まりに力を入れている。

タイ軍政、タクシン派元閣僚の身柄拘束 憲法案批判でnewsclip

【タイ】タクシン元首相派の政党、プアタイ党に所属するワタナー・ムアンスク元商務相(59)が18日、バンコク都内の陸軍基地に出頭し、軍に身柄を拘束された。

【タイ】タイ軍事政権のプラユット・ジャンオーチャー首相(元陸軍司令官)の弟のプリーチャー・ジャンオーチャー国防次官が一般大学を卒業した息子(25)を陸軍士官(中尉)に任用していたことが明らかになり...

特集



新着PR情報