RSS

NTTコム、ヤンゴン全域で企業向けインターネット接続

2016年7月14日(木) 13時12分(タイ時間)
【ミャンマー】NTTコミュニケーションズは13日、ヤンゴン市全域で企業向けインターネット接続サービスを開始した。

 従来のADSL回線ではなく、光ファイバー専用線や完全冗長化したバックボーン回線を経由して国際インターネット網に接続する。回線敷設工事は最短1カ月まで短縮可能。

 ミャンマーはインターネット環境が不安定で、進出した企業の間で安定的なサービスを望む声が高まっていた。

 東南アジアでNTTコミュニケーションズが企業向けインターネット接続サービスを提供するのはシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナム、カンボジアに続く7カ国目。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】NTTデータは23日、割賦販売、公共料金などの請求収納代行、プリペイド型ネット電子決済などを手掛けるベトナム企業ベトナム・オンライン・サービシーズ・コーポレーション(ベトユニオン)の株...

【タイ】NTTコミュニケーションズは8日、同社にとってタイで2番目のデータセンター「タイバンコク2データセンター」の提供を開始したと発表した。

【マレーシア】NTTデータは4日、マレーシアの電子商取引(EC)決済サービス最大手iPay88を子会社化すると発表した。

【東南アジア】NTTコミュニケーションズは24日、クラウド基盤上に構築された企業向けのウェブメールサービス「Bizメール」の販売をタイとインドネシアで開始したと発表した。

【タイ】NTTコミュニケーションズは23日、タイ法人NTTコミュニケーションズ(タイランド)がタイで仮想移動体通信事業(MVNO)免許を取得し、モバイルデータ通信サービスの提供を開始したと発表した。

特集