RSS

中国:マンション1階住人が地下室建設、住宅棟に倒壊危機

2016年7月17日(日) 18時02分(タイ時間)
【中国】上海市のあるマンションで、1階の住人が自身の部屋の下に「地下室」を作り、他の住民に不安を与えている。

 彼らによると、地下室が作られてから、壁にヒビが入りはじめ、「いつ倒壊するか不安でたまらない」という。問題の家主が現在マンションに住んでいないため、市のホットラインに通報しているが、当局が動く気配は全くないようだ。澎湃新聞網が12日付で伝えた。

 徐匯区常熟路に位置するこのマンションは6階建てで、約20世帯が入居している。1階の住人が地下室を作ったのは、2015年4月ごろのこと。夜中に8~9人の作業者が土などを運び出す姿がよく目撃されていた。地下室の深さは2メートルほどで、広さは約50平米あるという。

 家主が地下室を作った理由は不明だが、ある住民は「部屋の面積を広げ、転売して稼ごうとしているのではないか」と話す。近辺の住宅相場は、1平米当たり8万~10万人民元(約128万~160万円)となっている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報