RSS

CIMBタイ銀行、支店を削減

2016年7月17日(日) 18時02分(タイ時間)
【タイ】マレーシア金融2位CIMB傘下のタイの商業銀行、CIMBタイ銀行は年内に12支店を閉鎖して80支店にする計画だ。消費者による金融機関の利用形態の変化に対応して、通常の支店業務を縮小する一方、オンライン・バンキングの強化に注力するため。

 同行は、支店窓口での取り扱い件数が減少したことから、2012年に支店削減を開始。当時の163支店から今年6月末には96支店にまで削減している。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】マレーシア金融大手CIMBグループは9日、RHBグループ傘下のRHBキャピタル、不動産金融のマレーシア・ビルディング・ソサエティー(MBSB)と経営統合し、東南アジア最大の金融グルー...

特集



新着PR情報