RSS

中国:南シナ海裁定で愛国意識が激化、ナイキ履く男性に罵声

2016年7月17日(日) 18時02分(タイ時間)
【中国】南シナ海の領有権問題を巡り、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が中国の主張を退ける判決を下したことで、中国国内の一部で民族意識が高まりを見せている。

 遼寧省大連市の地下鉄車内では、米スポーツ用品ブランド「ナイキ」のシューズを履いた男性が見知らぬ男に「売国奴」と罵られ、殴られる騒ぎが起きた。台湾メディアが14日伝えた。

 被害に遭った男性は12日、大連市の地下鉄車内で、見知らぬ男から「この売国奴。ナイキなんか履いているのか」などと罵倒された。2人が殴り合いになったため、男性の女友達が他の乗客に助けを求めたが、無視され続けたという。

 インターネット上では、「清朝末期の義和団のようだ」などと、罵った男を非難する声が聞かれた。一方で、「日本商品や米国商品をボイコットする前に、こういった人物を否定すべき」として、ナイキを履いた男性を批判する意見もあった。さらには「ナイキを履けないなら、CPUが米国製だからパソコンも使えない。スマートフォンも(主要部品が)米国のクアルコム製だからだめだ」などとからかう声もあり、さまざまな意見が飛び交っている。
《亜州IR株式会社》

特集