RSS

日中航空路線にLCC相次ぎ参入、ピーチ航空やジェットスター日本も

2016年7月21日(木) 00時06分(タイ時間)
【中国、日本】日本と中国の主要航路で、航空会社間の競争が激化しそうだ。

 LCCが相次ぎ運航を始める見通し。ANA(9202/東証)傘下のピーチ航空(中国語社名:楽桃航空)に対し、中国民航局はこのほど、大阪(関西)~上海、東京(羽田)~上海の2路線運航を許可。豪カンタス航空や日本航空(9201/東証)が出資するジェットスター・ジャパン(中国語社名:捷星日本航空)には、東京(羽田)~上海、東京(羽田)~広州、大阪(関西)~上海、大阪(関西)~広州の4路線運航を新たに認めている。

 日中航空路線に参入する2番目、3番目のLCCとなる見込みだ。ただ、就航時期などの詳細はまだ明らかにされていない。

 一方、上海市に本社を置く中国LCCの春秋航空はすでに進出。東京や大阪、名古屋、札幌、茨城、高松、佐賀に乗り入れている。
《亜州IR株式会社》

特集