RSS

東南アジアで「クロワッサンたい焼」展開 ホットランド、タイに合弁会社

2016年7月21日(木) 00時06分(タイ時間)
【タイ】たこ焼き店「築地銀だこ」などを展開するホットランド(東京都中央区)は20日、同社グループの主要ブランド「クロワッサンたい焼」の東南アジア市場での展開を目指し、タイに合弁会社を設立すると発表した。

 新会社は「スプレンディッド・ホットランド・スウィーツ・ASEAN(仮称)」。資本金1000万バーツで、タイの自動車部品大手サミット・オートボディ・インダストリーのオーナー一族であるコンクリット・ジュラーンクーン氏が経営するスプレンディッド・コーポレーションが51%、ホットランドが49%出資する。

 コンクリット氏が経営する別会社スプレンディッドは2014年に「クロワッサンたい焼」のタイでのマスターフランチャイズ契約を結び、現在、タイ国内で15店を展開している。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】たこ焼き店「築地銀だこ」などを展開するホットランド(東京都中央区)は20日、マレーシアに進出すると発表した。

特集



新着PR情報