RSS

中国:病院の治療態度に不満、CT破壊男に懲役1年

2016年7月26日(火) 12時36分(タイ時間)
【中国】江蘇省南通市のある病院でこのほど、「家族が治療に際して粗末な扱いを受けた」として男が暴れ、CTなどの医療機器を破壊する事件が発生した。

 男は医療機器の修理代として20万人民元(約320万円)を支払ったものの、裁判所から懲役1年・執行猶予2年の判決を言い渡された。中国新聞網が18日付で伝えた。

 男は今年2月、同居していた義父の体調が悪化したため、病院に連れて行った。いったん自宅に帰ったところ、病院から「(義父が)意識を失った」との連絡が入ったという。男が急いで病院に戻ると、若い医師が1人で心臓マッサージをするだけで、男の目には「十分な治療が行われていない」と映った。男は「命に関わる事態なのに!」と激怒して暴れ、周囲にあったCTなどの医療機器を破壊した。

 病院は直ちに警察に通報。事件から1週間後、男は病院が提示した修理代20万人民元を支払った。ただこれで事態は収束せず、6月には「故意による器物損壊」で起訴された。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報