RSS

三井物産、アジアの中間所得層向け病院グループに出資

2016年7月28日(木) 02時00分(タイ時間)
【東南アジア】三井物産は27日、アジア最大手の中間所得層向け病院グループ、コロンビア・アジア・ヘルスケア(マレーシア)とコロンビア・アジア・ホスピタルズ(インド)の持ち株会社である米インターナショナル・コロンビアに出資すると発表した。

 第3者割当増資の引き受けと複数株主からの株式取得に約1億100万ドルを投じる。

 コロンビア・アジア2社はマレーシア、インド、インドネシア、ベトナムの4カ国で病院27カ所とクリニック1カ所(計1283床)を運営。主に中間所得層を対象に、外来と簡易な入院治療を提供し、高度医療を手がける公立・民間病院とは補完関係にある。標準化されたオペレーションと全施設共通のIT基盤を活用した効率的な病院運営、法人契約や民間医療保険会社との契約を中心とした透明性の高い価格設定を実現した。

 コロンビア・アジアが病院を運営する4カ国の国内総生産(GDP)に占める医療費の割合は4・5%と、経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均8・9%を大幅に下回り、今後、経済発展や高齢化にともない、医療費の増加が見込まれる。一方、病院やクリニックなどの医療インフラは依然として不足し、医療の需給ギャップの拡大が社会的な課題となっている。

 三井物産はヘルスケア事業に力を入れ、2011年にアジア最大の民間病院グループ、IHHヘルスケアに、2016年に米国最大手の透析事業会社ダビータ・ヘルスケア・パートナーズのシンガポール子会社に出資するなど、事業基盤の拡充を図っている。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、チェンマイ市立病院に救急車とリハビリ機器贈与newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部チェンマイ県のチェンマイ市立病院に救急車1台とリハビリ機器2台を無償供与し、29日、現地で引渡式が行われた。支援額は244・5万バーツ(約830万円)。

日本政府 タイ北部の病院に救急車、電動車いすなど無償贈与newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部チェンライ県クンターン郡のクンターン病院に、救急車1台、酸素発生器25台、床ずれ防止用エアマットレス20セット、電動車いす5台を無償贈与することを決め、17日、現地で引渡...

【ベトナム】デンタルサポート(千葉市)は5日、ハノイ市のビンメック国際病院と提携すると発表した。ビンメック病院に設立された歯科医療センターに日本人歯科医師を派遣し、インプラントを中心とする日本の歯...

日本政府、ミャンマー国境タイ西部病院に救急車贈与newsclip

【タイ】日本政府はミャンマー国境のタイ西部カンジャナブリ県サンクラブリ郡のクウェー川クリスチャン病院に救急車1台を無償供与し、24日、現地で引き渡し式典が行われた。支援額は203万バーツ。

日本の医療NGO、カンボジアに無償の病院newsclip

【カンボジア】国際医療NGO(非政府機関)のジャパンハート(東京都台東区)はプノンペンの北東約35キロのカンダール州に無償で医療を行う病院を建設し、5月に開業する。

五洋建設、シンガポールで病院建設 受注額576億円newsclip

【シンガポール】五洋建設は4日、シンガポールで大規模な病院の建設を受注したと発表した。発注者はシンガポール保健省、受注額は約576億円。

【カンボジア】日本電気(NEC)は3日、カンボジアで2016年度に開業予定の日本式医療施設サンライズ・ジャパン・ホスピタル・プノンペン(SJH)で使用する多言語対応クラウド型問診サービスを受注した...



新着PR情報