RSS

タイ産ゆでがに、日本で腸炎ビブリオ検出

2016年7月31日(日) 23時42分(タイ時間)
【タイ】日本の厚生労働省は28日、タイから輸入されたタイ産ゆでがに(飲食に供する際に加熱を要しないもの)から食中毒を引き起こす病原微生物、腸炎ビブリオが検出されたとして、輸入届出ごとの全ロットの検査を命じた。

 腸炎ビブリオが検出されたのは、日本の2社が輸入した、タイのTIPWANCHAI SEAFOODS社製のゆでがにで、1社については全量をタイに送り返し、別の1社については全量保管中。
《newsclip》

注目ニュース

市場の野菜から残留農薬 タイNGO調査newsclip

【タイ】タイの非政府組織(NGO)、タイランド・ペスティサイド・アラート・ネットワーク(タイPAN)が今年3月に実施した抜き取り調査で、バンコク都内のパークローン市場で販売されていたケールからタイ...

【タイ】山梨県は21日、「ホスピタルダイエット」と称する製品をインターネットを通じてタイから個人輸入し、服用した長野県在住の30代女性が甲状腺機能亢進の症状で治療を受けたと発表した。

【タイ】千葉県は18日、「ホスピタルダイエット」と称する製品をインターネットを通じてタイから個人輸入し、服用した20代の女性が排尿困難、意識もうろう、手足の震えなどの症状で入院したと発表した。

【タイ】日本の農林水産省は11日、植物防疫法に違反してタイから不正に植物(なす属植物の生果実)を輸入した疑いで被疑者2人を逮捕したという連絡が長野県警からあったと発表した。

特集



新着PR情報