RSS

ベトナム2空港がハッキング被害、中国から攻撃か

2016年8月1日(月) 16時40分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムでの報道によると、7月29日、ハノイ市のノイバイ空港とホーチミン市のタンソンニャット空港のコンピュータシステムがハッキングされ、チェックインを手動で行うなど混乱が起きた。

 空港内では南シナ海の領有権を中国と争うベトナムとフィリピンを批判する映像がディスプレーに映し出されたり、音声が放送されるなどした。また、ベトナム航空のホームパージも一時、ハッキングされ、空港と同じ映像が表示された。

 ベトナム政府は中国のハッカー集団による犯行だとしている。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】今月20日までに、米系ファストフード店「ケンタッキー・フライドチキン」を包囲する市民デモが少なくとも全国11市・県で発生したことが分かった。

【中国】南シナ海の領有権を巡り、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が中国の主張を退ける裁定を下したことに対し、一部市民が反発を強めている。

【中国】南シナ海の領有権問題を巡り、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が中国の主張を退ける判決を下したことで、中国国内の一部で民族意識が高まりを見せている。

【中国】オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が「南シナ海での中国の管轄権を認めない」とする判決を下した直後の13日、中国は南沙(スプラトリー)諸島の人工島に建設した飛行場2カ所で、旅客機の試験発着を行った...

【中国】中国が軍事施設の建設を進める南シナ海問題をめぐり、フィリピンが提訴した裁判で、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が管轄権の根拠とする「九段線」には国際法上の根拠がないとの判決を言い渡...

特集



新着PR情報