RSS

バンコクのマハーカン砦、住民が立ち退き拒否

2016年8月16日(火) 00時47分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は15日、バンコク都内の民主記念塔に近いマハーカン砦に看板を立て、砦内に住む住民に対し、9月3日までに立ち退くよう通知した。

 マハーカン砦は18世紀後半に建設された。現在、56世帯、約220人が砦内に家を建て暮らしている。都庁は住民を立ち退かせて住宅を取り壊し、公園として再開発する計画だが、これまでに立ち退きに同意したのは12世帯だけで、44世帯は移転を拒否している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】バンコク都庁は花の市場として知られるパークローン市場周辺の路上で営業する露天商を6月末までに退去させる。

バンコク中華街、運河上の市場撤去newsclip

【タイ】バンコク都庁は16日までに、バンコクの中華街のオンアン運河沿いや運河の上を不法占拠したサパーンレク市場の強制撤去作業をほぼ終えた。



新着PR情報