RSS

【インドネシアオートショー16】初日から「売約済み」!? 一般入場前にバイク購入者現る

2016年8月17日(水) 18時51分(タイ時間)
BMW K1600GTLの画像
BMW K1600GTL
《撮影 関 航介》
BMWモトラッドのブース(インドネシアオートショー 16)の画像
BMWモトラッドのブース(インドネシアオートショー 16)
《撮影 関 航介》
BMWモトラッドのブース(インドネシアオートショー 16)の画像
BMWモトラッドのブース(インドネシアオートショー 16)
《撮影 関 航介》
BMW K1600GTLの画像
BMW K1600GTL
《撮影 関 航介》
BMWモトラッドのブース(インドネシアオートショー 16)の画像
BMWモトラッドのブース(インドネシアオートショー 16)
《撮影 関 航介》
インドネシア・ジャカルタ郊外で11日に開幕した、インドネシア国際オートショー。初日は基本的にメディア関係者とVIPしか入場できないということもあり、それほどまだ混み合っているという印象はない(例外として午後5時以降、特別料金で一般客が入場することは可能)。

インドネシアのモーターショーが他国のものと一味違うのは、新しいクルマを展示するだけでなく、即売会にもなっていることだ。来場者がクルマを見て、触って、その場で購入することができ、それを目的に来る来場者もいる。

午後5時を少し回った頃、BMWモトラッドのブースを覗いてみた。すると一台のバイクの周りにロープが張られ、シート上にはすでに「SOLD(売約済み)」の文字が……。

担当者によると、このモデル『BMW K1600GTL』の価格は10億ルピア(約800万円)。はっきりとは教えてくれなかったが、午後5時前の購入だったということで、購入者はメディア関係者かVIPだと思われる。担当者曰く「今日が自分の誕生日だから」という理由で買って行ったとのこと。来場前から購入予定だったのか、それとも一目惚れによる衝動買いだったのかは不明だが、貧富の差が激しいと言われるインドネシアらしいとも言えるエピソードだ。

インドネシア国際オートショーは12日から一般入場が始まり、21日に閉幕する。来場者の数も注目だが、どれだけのクルマ・バイクが購入されるのかも気になるところだ。
《関 航介@レスポンス》


新着PR情報