RSS

日立、シンガポール国立がんセンターから陽子線がん治療システム受注

2016年8月18日(木) 22時17分(タイ時間)
【シンガポール】日立製作所は18日、シンガポール国立がんセンターから、陽子線がん治療システムを受注したと発表した。10年間のシステムの運転保守契約も締結した。東南アジアで陽子線がん治療システムが導入されるのは初めて。

 シンガポール国立がんセンターに2012年に開業する予定の施設に設置する。この施設は地上24階で、シンガポールのがんの治療と研究の拠点となる。

 陽子線治療は従来の放射線治療に比べ、副作用を低減できる先進的ながん治療法のひとつ。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日本郵便と電通の合弁会社JPメディアダイレクトと日立製作所は5日、ミャンマーのミャンマー郵便が運営する送金サービスの電子化を支援すると発表した。

バンコクの都市鉄道レッドライン 三菱重工、日立、住商が受注newsclip

【タイ】住友商事は30日、三菱重工業、日立製作所と共同で、バンコクの都市鉄道レッドラインの鉄道システム一式の設計建設(土建を除く)をタイ国鉄(SRT)から受注したと発表した。

【マレーシア】日立産機システムは8日、マレーシアの製造子会社ヒタチ・インダストリアル・イクイップメント(マレー―シア)に営業・サービス部署を新設したと発表した。

【ミャンマー】日立ソリューションズは14日、港湾関連の行政手続きを電子的に処理するシステム(港湾EDIシステム)の開発をミャンマー政府から受注したと発表した。国際協力機構(JICA)の無償資金協力...

【ベトナム】日立製作所は3日、ベトナム初の都市鉄道であるホーチミン都市鉄道1号線(全長19・7キロ、14駅)の高架式駅舎向けに、エレベーター32台、エスカレーター31台を受注したと発表した。



新着PR情報