RSS

セブン‐イレブン店舗数6万店に 1位日本、2位タイ

2016年8月18日(木) 22時17分(タイ時間)
【アジア】セブン‐イレブンの世界の店舗数が7月末で6万店に達した。

 進出先は17カ国・地域。店舗数が最も多いのは日本で1万8860店。次いでタイ9278店、米国8378店、韓国8238店、台湾5057店、中国2244店と続く。

 東南アジアではマレーシア2016店、フィリピン1760店、シンガポール455店、インドネシア179店。2017年春にはベトナム1号店が開店する予定。
《newsclip》

注目ニュース

タイのセブンイレブン、ビザカード取り扱いへnewsclip

【タイ】クレジットカード大手の米ビザは10日、タイのセブンイレブンが年内にビザカードの取り扱いを開始すると発表した。第4四半期にバンコクと地方の外国人旅行者が多い店舗で取り扱いを始め、将来的は全国...

【ベトナム】セブン&アイ・ホールディングスは30日、2017年度にベトナムでコンビニエンスストアのセブンイレブンを初出店すると発表した。

特集



新着PR情報