RSS

タイのカンクン、宇都宮でメガソーラー開発

2016年8月28日(日) 21時51分(タイ時間)
カンクンのソーパチャーCEOの画像
カンクンのソーパチャーCEO
写真提供、Gunkul Engineering
【日本、タイ】タイのエンジニアリング会社カンクン・エンジニアリングは栃木県宇都宮市で大規模太陽光発電所(メガソーラー)を開発する計画だ。投資額は約240億円。

 発電出力約72・8メガワットで、2022年の運転開始を見込む。発電した電力は固定買取価格制度で東京電力に売電する。

 カンクンは仙台市、千葉県君津市でもメガソーラーを開発中。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのエンジニアリング会社カンクン・エンジニアリングは千葉県君津市で大規模太陽光発電所(メガソーラー)を開発する。投資額は約37億バーツ。



新着PR情報