RSS

ジャルックス、ベトナムに日本産鮮魚輸出

2016年8月28日(日) 21時51分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、JALUX
【ベトナム】JALUX(ジャルックス)は日本各地で獲れた鮮魚などを最短24時間以内にベトナムのホーチミン市に空輸し、現地の飲食店、総合スーパーなどに配送するサービスを9月から開始する。ベトナムでの日本食の需要増加に対応する。

 羽田空港空港貨物ターミナルで「羽田鮮魚センター」を運営するCSN地方創生ネットワーク、SQF認証(食品の安全と品質を確保するための国際的な認証規格)に基づく品質衛生管理でブリ、マダイの養殖加工を行う尾鷲物産などから仕入れた魚介類約15種類を扱う。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】JALUX(ジャルックス)は11日、ハノイのノイバイ国際空港第2旅客ターミナルに日本ブランド製品を販売する免税店3店を出店した。

【タイ、シンガポール】JALUX(ジャルックス)は20日、不動産開発運営を手がける子会社をタイに設立したと発表した。新会社は「JREディベロップメント」(資本金1000万バーツ)。

特集



新着PR情報