RSS

ポケモンGOに夢中の父親、3歳息子の事故に気付かず

2016年8月30日(火) 02時24分(タイ時間)
【タイ】タイ東部チョンブリ市内で、3歳の男児がテレビの下敷きになって重傷を負う事故があり、ポケモンGOに夢中で事故に気づかなかったとされる25歳の父親が批判を浴びている。

 事故があったのは28日。同市内のタウンハウス(低層集合住宅)で3歳の男児がテレビ台によじ上ろうとして21インチのテレビごと転倒。男児はテレビのかどで頭を打って頭蓋骨にひびが入り、意識不明の重態となった。

 男児の祖父が「父親はポケモンGOに夢中で子供の面倒をまったくみていなかった」と発言したことから父親への批判が噴出。父親は「ひところポケモンばかりしていたのは事実だが、事故が起きたときはスマホを充電中でゲームはしていなかった」と反論し、「今は息子の回復だけを願っている」と涙ながらに訴えた。

 男児はその後、病院で意識を取り戻し、生命の危険は取り留めた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ警察は22日、バンコク首都圏の主要道路でスマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」のながら運転の取り締まりを始め、同日中に42人を道路交通法違反などで摘発したと発表した。

【タイ】タイのコンサルタント会社KMコンサルタンツが8月13―18日にバンコク都民を対象に実施した調査(回答者1248人)で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を「プレーしたことがある」との回...

特集



新着PR情報