RSS

省電舎、マレーシア産PKS販売代理店に

2016年8月30日(火) 02時25分(タイ時間)
【マレーシア】省電舎(東京都港区)は29日、マレーシアの物流会社サウスアジア・インターナショナル・ディストリビューションとマレーシア産のパームヤシ殻(PKS)の日本での販売代理店契約を結んだと発表した。

 PKSはバイオマス燃料のひとつ。省電舎はサウスアジアがマレーシアの大手パームオイル搾油事業者から調達するPKSの日本での販売に向け、バイオマス発電事業者への営業、契約交渉などを行う。当初は年間3万―5万トン(約3億―5億円)、5年目以降は年間10万トン程度の取り扱いを目指す。

 省電舎はインドネシアからPKSを調達しているが、需要拡大に対応するため、マレーシアでの調達先を確保する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日本製紙は同社が出資するタイの製紙会社フェニックス・パルプ・アンド・ペーパーと共同で、タイでトレファクション技術を用いた木質バイオマス燃料(トレファイドペレット)の実証生産を行う。事業化を...

【マレーシア】JFE商事は1日、バイオマス燃料として生ヤシガラ(パームヤシガラ)を日本などに輸出する全額出資子会社「JSバイオマス・リソーシズ」(資本金326万リンギ)をマレーシア・サバ州コタキナ...



新着PR情報