RSS

ジカ熱 シンガポールで感染拡大、タイも要注意

2016年9月1日(木) 01時31分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールでジカウイルス感染(ジカ熱)が拡大している。

 27日に初の国内感染が確認された後、感染者が次々と増え、30日までに82人の感染が報告された。

 こうした事態を受け、日本の外務省はシンガポールをジカ熱の発生地域に加えた。外務省によると、アジアでジカ熱の発生が確認されているのはシンガポールのほか、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム。

 一方、欧州疾病予防管理センター(ECDC)はタイについて「過去3カ月に広範な感染」、インドネシアとベトナムについては「過去3カ月に散発的な感染」があったとしている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ保健省は27日、年初から同日までにタイ国内で確認されたジカウイルス感染(ジカ熱)が97人だったと発表した。感染者がみつかったのは10県の16郡42カ村で、東北部ブンカン県と北部ペチャブ...



新着PR情報