RSS

キャプラン、タイで社員研修事業 セントラルと合弁

2016年9月1日(木) 13時58分(タイ時間)
【タイ】パソナグループの人材会社キャプラン(東京都港区)は1日、タイ小売り大手セントラル・グループと合弁で、研修事業を行う新会社をタイに設立し、営業を開始したと発表した。

 新会社は「キャプラン(タイランド)」。タイの日系企業に勤務するタイ人社員にビジネスマナー、語学などの人材教育を行う。

 セントラル・グループは中国海南島出身のジラティワット(鄭)家が1947年にタイで創業。百貨店のセントラル、ロビンソン、スーパーのトップス、ホテルのセンタラ、ファストフード店などを展開し、2015年の売上高は2834・5億バーツだった。 
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】パソナはいすゞ自動車、タイ国立キングモンクット工科大学と産学連携協定を締結し、自動車工学や3D(3次元)CAD(コンピューター利用設計システム)などの専門性の高い技術者を育成する「先進技術...

【ベトナム】仏小売り大手カジノは4月29日、ベトナムで総合スーパーなどを展開するビッグCベトナムをタイ小売り大手セントラル・グループに9億2000万ユーロで売却すると発表した。

セントラルの新SC、タイ南部ナコンシータマラートで7月下旬開業newsclip

【タイ】タイ小売り大手セントラル・グループ傘下の不動産開発運営会社セントラル・パタナー(CPN)は35億バーツを投じてタイ南部ナコンシータマラート市に建設したショッピングセンター(SC)を7月28...



新着PR情報