RSS

タイ、就労者の3分の1が第1次産業

2016年9月4日(日) 19時58分(タイ時間)
【タイ】タイ統計局がまとめた8月時点のタイ人の労働人口は3886万人、就労者数は3846万人で、前年同月からそれぞれ8万人、3万人減少した。

 業種別の就労者数は農林水産1292万人(2015年8月1351万人)、製造633万人(同635万人)、建設218万人(同206万人)、卸売り、小売り、自動車修理635万人(同604万人)、物流107万人(同121万人)、ホテル、外食284万人(同252万人)――など。

 8月の失業率は全国平均0・9%だった。地域別ではバンコク0・6%、中部1・1%、北部1%、東北部0・7%、南部1・3%。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告で、7月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月比5・1%低下した。

【タイ】タイ商務省がまとめた8月の消費者物価指数(CPI、2011年=100)は106・64で、前年同月比0・29%上昇、前月比0・04%低下した。

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の自動二輪車生産台数は7月が前年同月比11.1%増の18万6892台、1―7月が前年同期比3.6%減の139万2270台だった。

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた2016年4―6月期のタイの国内総生産(GDP)は前年同期比3・5%増で、過去13四半期で最も高い伸び率となった。前期比(季節調整済み)は0...

特集