RSS

砦内の住宅撤去、住民と衝突で中断 バンコク

2016年9月6日(火) 00時19分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は4日、バンコク都内の民主記念塔に近いマハーカン砦内の住宅の強制撤去をいったん中断することを決めた。

 3日から作業員200人以上で撤去作業を開始したが、撤去に反対する砦内の住民が作業員の進入を阻止しようとするなど混乱が生じた。

 4日、都庁幹部と住民側の代表が話し合い、住人が立ち退きに同意した16棟を撤去した後、撤去作業を中断し、都庁、住民、タイ人権委員会の3者で今後について協議することで合意した。

 マハーカン砦は18世紀後半に建設された。現在、56世帯、約220人が砦内に家を建て暮らしている。都庁は住民を立ち退かせて住宅を取り壊し、公園として再開発する計画だが、住民の多くは立ち退きを拒否している。
《newsclip》

注目ニュース

タイ中部のマングローブ林で違法営業、レストラン3軒撤去newsclip

【タイ】タイ当局は3日、中部サムットソンクラーム県のマングローブ林で違法に営業していたレストラン3軒を撤去した。3軒はマングローブの保護林の海岸に木造の店舗を設け営業していた。

国道沿いの露店強制撤去 タイ中部アユタヤnewsclip

【タイ】タイ当局は18、19日、中部アユタヤ県内の国道沿いの露店45店を、交通の障害になるとして、強制撤去した。店主らが移転を拒否したため、警官、兵士ら約80人が出動し、露店を取り壊した。

【タイ】バンコク都庁は花の市場として知られるパークローン市場周辺の路上で営業する露天商を6月末までに退去させる。

バンコクの違法屋台撤去、チャオプラヤ川西岸でもnewsclip

【タイ】バンコク都庁は16日、チャオプラヤ川西岸のバンコクノイ区にある仏教寺院ワット・ラカン周辺で、違法営業の屋台の撤去を開始した。ワット・ラカンでは参道沿いや駐車場で多数の屋台が違法営業し、参拝...

バンコク中華街、運河上の市場撤去newsclip

【タイ】バンコク都庁は16日までに、バンコクの中華街のオンアン運河沿いや運河の上を不法占拠したサパーンレク市場の強制撤去作業をほぼ終えた。

特集



新着PR情報