RSS

ゼンリン、多言語地図にタイ語追加

2016年9月13日(火) 15時54分(タイ時間)
【日本】ゼンリンデータコム(東京都港区)は13日、法人向け地図サービス「多言語地図」の対応言語にタイ語を追加したと発表した。タイ語の地図で案内をしたい企業、自治体などに販売する。

 「多言語地図」の対応言語はこれで、日本語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)の5カ国6言語となる。

 日本政府観光局(JNTO)によると、1―7月に日本を訪れたタイ人は前年同期比15・1%増の54万7200人(推計値)で、国・地域別で6位だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】KADOKAWA(東京都千代田区)は5日、日本のマンガ、ライトノベルなどのタイ語版出版、訪日観光メディア、デジタルプラットフォームなどの事業を手がける合弁会社をタイに設立し、10月に事業を...

【日本】セブン銀行は8月31日、セブン銀行口座の預金残高、利用明細、電子マネーのポイント残高などを、簡単な操作で確認できるスマートフォン向けアプリ「セブン銀行 アプリ通帳」の提供を開始した。

動画ファッション雑誌「Cチャンネル」 タイ語版始動newsclip

【タイ】ファッション、飲食、旅行などの情報を動画で紹介する動画ファッション雑誌「Cチャンネル(C CHANNEL)」を手がけるCチャンネル(東京都渋谷区)は19日、タイ語版のサービスを開始したと発表した。

【タイ、ベトナム】カシオ計算機は電子辞書「エクスワード」シリーズの新製品として、業界初となるタイ語・ベトナム語辞典を収録したモデルを今月21日から販売する。

【タイ、インドネシア】デジタル地図、カーナビソフトのインクリメントP(川崎市)は20日、タイ語、インドネシア語で地図上の文字を表記したデジタル日本地図データを今秋から法人向けに販売すると発表した。

東京メトロ、外国人向けリーフレットのタイ語版開始newsclip

【タイ】東京メトロは外国人旅行者向けリーフレット「Tokyo Metro Guide」のタイ語版を作成し、タイ人旅行者が増えるタイ正月(ソンクラン、水かけ祭り)連休に合わせ、11日から配布を始めた。

特集



新着PR情報