RSS

東レ、タイでスーパーエンプラ製造

2016年9月13日(火) 15時54分(タイ時間)
【タイ】東レは13日、タイ子会社タイ・トーレ・シンセティクスのバンコク工場にPPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂コンパウンドの生産設備を新設すると発表した。年産能力3000トンで、10月から稼働する。投資額約5億円。

 PPS樹脂は耐熱性、耐薬品性、機械的強度、難燃性などに優れたスーパーエンジニアリングプラスチックで、自動車の電装部品や電機・電子機器、OA機器、住設関連部品などに使用される。東レは東南アジアのPPS樹脂需要に日本、中国からの輸出で対応してきたが、今後も自動車用途を中心に需要が伸びると判断し、現地生産に踏み切る。タイでPPS樹脂コンパウンドを製造するのは東レが初めて。

 東レは世界最大のPPS樹脂メーカーで、年2万7600トンの生産能力を持つ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東レは30日、タイの商事子会社トーレインターナショナルトレーディング・タイランドがフィルム製品の在庫管理から流通サービス、原反の加工などを一括で管理するワンストップサービスを4月から開始し...

【タイ】東レ傘下の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)は27日、タイに産業資材用繊維製品の製造販売会社を設立すると発表した。

東レ、タイの炭素繊維複合材料成形部品新工場稼働newsclip

【タイ】東レのタイ子会社で炭素繊維複合材料成形部品を製造するカーボンマジック(タイランド)がタイ東部チョンブリ県シラチャーのサハグループ工業団地に建設した工場が完成し、12日、開所式が行われた。

【タイ】東レは1日、東南アジア最大となるバンコクの膜ろ過水道浄水設備向けに、中空糸限外ろ過(UF)膜を受注したと発表した。

【タイ】新日鉄住金エンジニアリングは14日、同社が70%、大阪ガスが30%出資するタイの合弁会社NS―OGエナジー・ソルーションズ(タイランド)が東レグループのタイ工場でコジェネレーション(電気・蒸...



新着PR情報