RSS

外国人不法就労者、11カ月で3000人摘発

2016年9月14日(水) 01時37分(タイ時間)
【タイ】タイ労働省雇用局のアラク局長は13日、昨年10月から今年8月にかけて、外国人の不法就労者2944人を摘発したと発表した。

 バンコクでは事業所2988カ所の外国人就労者5万2639人を調べ、1298人を不法就労で摘発した。内訳は、ミャンマー人が675人、カンボジア人が381人、ラオス人が88人、その他が154人だった。

 地方では、2638カ所の4万6416人を調べ、1646人を摘発。ミャンマー人が939人、カンボジア人が370人、ラオス人が120人、その他が127人だった。
《newsclip》

注目ニュース

バンコク郊外で外国人不法就労者一斉取り締まり 38人逮捕newsclip

【タイ】タイ当局は1日未明、警官、兵士ら約200人を動員し、バンコク北郊ノンタブリ県のバンヤイ市場で外国人不法就労者の一斉取り締まりを行った。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイの軍政当局は11日、バンコク都内スクムビット通り・ソイ12の商業ビル「スクムビットプラザ」に入居する韓国レストランの手入れを行った。

特集