RSS

タイ不敬罪裁判、軍法会議から裁判所に移管

2016年9月14日(水) 23時50分(タイ時間)
プラユット首相の画像
プラユット首相
写真提供、タイ首相府
【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は12日、軍政トップに事実上の全権を与える暫定憲法44条を発動し、市民を被告とする不敬罪と安全保障に関する裁判を軍法会議から一般の裁判所に移管した。

 軍政は2014年のクーデターで政権を掌握して以降、安全保障と不敬罪に関する裁判を軍法会議で扱ってきた。不敬罪はタイ国王夫妻と皇太子に対する批判を禁じたもので、有罪の場合、1件につき最長15年の禁錮刑が科される。軍政は不敬罪による取り締まりを強化し、民選政権下で問題とされなかったケースも遡って摘発。軍法会議による短期間の裁判で数カ月から数十年に及ぶ禁錮刑を次々に下し、国連や欧米諸国から強い批判を浴びた。

 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)東南アジア事務所は13日、軍政の措置について、「民主主義への復帰に必要な重要なステップ」と評価した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政首相、公務員に伝統衣装の着用奨励newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相が、女性公務員にタイの伝統衣装を着用するよう奨励し、30日、バンコクのタイ首相府前で、タイの伝統的な筒状の巻きスカート「シン」を着用した女性公務員が集まり、首相...

タイ軍政首相、世論調査で高い支持newsclip

【タイ】各種世論調査によると、8月に就任2年目を迎えたプラユット首相(元陸軍司令官)がタイ国民の間で高い支持を集めている。

タイ軍政、汚職疑惑でバンコク都知事停職newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は25日、自身に事実上の全権を与える暫定憲法44条を発動し、バンコク都のスクムパン知事と東北部コンケン県バンパイ市のプレムサック市長を汚職、権力乱用など容疑で無...

【タイ】23日、バンコク郊外のサムットプラカン県で、8月7日に予定されている憲法案の国民投票で反対票を投じるよう呼びかけるビラを配っていた学生ら十数人が兵士に身柄を拘束された。

【タイ】タイ軍事政権がインターネットを使った政権批判の取り締まりに力を入れている。

タイ軍政、タクシン派元閣僚の身柄拘束 憲法案批判でnewsclip

【タイ】タクシン元首相派の政党、プアタイ党に所属するワタナー・ムアンスク元商務相(59)が18日、バンコク都内の陸軍基地に出頭し、軍に身柄を拘束された。



新着PR情報