RSS

日本産高糖度トウモロコシ、シンガポールで販売

2016年9月15日(木) 12時10分(タイ時間)
【シンガポール】農業生産法人ファームかずと(長野県上水内郡信濃町)は自社栽培の高糖度フルーツコーン「ゴールドラッシュ」を冷凍加工し、「超冷凍フルーツコーン」(商標登録申請中)として、10月からシンガポールに輸出する。 

 10月21日から、シンガポール明治屋での長野県フェアを皮切りに、シンガポールでの販売を開始する。

 同社によると、生でも食べられる高糖度トウモロコシは従来の冷凍、レトルトなどの保存方法では質の劣化が大きかったが、液体急速冷凍(ブライン凍結)技術を活用することで、粒の鮮度感と甘さを保持することが可能となった。今後、日本市場とともに、アジア、中東での販売を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

九州パンケーキ、シンガポール進出newsclip

【シンガポール】一平(宮崎県)が展開するパンケーキ店「九州パンケーキカフェ」のシンガポール1号店「九州パンケーキカフェ・シンガポール・ノベナ店」が11日、ノベナ地区に出店した。店舗面積約100平方...

【シンガポール】東急ハンズ(東京都新宿区)は11月、シンガポールでの直営3号店をMRT環状線「エスプラネード」駅近くのショッピングセンター、サンテックシティモールに出店する。

「ベイクチーズタルト」 29日にシンガポール1号店newsclip

【シンガポール】チーズタルト専門店「ベイクチーズタルト」を展開するBAKE(東京都目黒区)は29日、シンガポール1号店をオーチャード・ロードのショッピングセンター「アイオン・オーチャード」に出店する。

【シンガポール】神戸物産(兵庫県加古郡)が展開する業務用スーパー「業務スーパー」の海外1号店が1日、シンガポールで開業した。

特集



新着PR情報