RSS

新日鉄住金のタイ合弁、第3溶融亜鉛めっきライン新設

2016年9月15日(木) 15時43分(タイ時間)
【タイ】新日鉄住金は15日、タイで溶融めっき鋼板などを製造するNSブルースコープ(タイランド)が第3溶融亜鉛めっきラインを新設し、溶融55%アルミニウム―亜鉛合金めっき鋼板とカラー鋼板の製造能力を増強すると発表した。

 タイの建材薄板の需要拡大に対応する。 

 第3ラインは年産能力14万トンで、2018年半ばの生産開始を見込む。投資額は約1億2500万ドル。

 NSブルースコープ(タイランド)は新日鉄住金とオーストラリアのブルースコープ・スチールが折半出資するNSブルースコープ・コーテッド・プロダクツ傘下。主要設備は冷延能力年35万トン、溶融めっき能力年35万トン、カラー能力年9万トン。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】新日鉄住金は10日、タイの子会社2社を9月をめどに統合すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)市場での薄板事業強化が狙い。

【タイ】新日鉄住金エンジニアリングは10日、タイの国営石油開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)から、タイ湾のアーティット鉱区とボンコット鉱区に新設する海洋天然ガ...

【タイ、シンガポール】新日鉄住金エンジニアリング営業本部は2日、タイ、ミャンマー、マレーシア、ラオスを担当するタイ支店と東南アジアの統括拠点となるシンガポール支店を設立したと発表した。

【タイ】新日鉄住金エンジニアリングは14日、同社が70%、大阪ガスが30%出資するタイの合弁会社NS―OGエナジー・ソルーションズ(タイランド)が東レグループのタイ工場でコジェネレーション(電気・蒸...

特集



新着PR情報