RSS

タイ不法入国の男10人脱走、9人逮捕 ウイグル族か

2016年9月20日(火) 17時53分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、不法入国でタイ東北部ノンカイ県の収容施設に収容されていた中国籍のウイグル族とみられる男10人が20日未明、施設から脱走した。このうち9人は数時間後に逮捕された。

 天井の鉄網に衣類をひっかけてよじ登り、天井から脱走した。脱走当時、現場周辺では強い雨が降っていた。

 タイでは昨年8月、バンコク都心のラチャプラソン交差点の観光名所「エラワンの祠」で爆弾が爆発し、タイ人6人、中国人5人など20人が死亡、日本人男性1人を含む128人が重軽傷を負った。この事件で、中国籍のウイグル族とされる男2人が逮捕され、現在、タイ軍法会議で裁判が行われている。

 ウイグル族は主に中国の新疆ウイグル自治区に居住し、ほとんどがイスラム教徒。中国政府による弾圧を逃れ、東南アジアなどに脱出するケースが増えている。一部は民族的に近いトルコが引き取っているが、中東に渡り、過激派組織に加わることもある。タイ軍事政権は不法入国で逮捕した中国籍のウイグル族109人を昨年7月、中国に強制送還した。バンコクでの爆弾テロはこの措置に対するウイグル族組織の報復という見方がある。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの連続爆弾テロ、外国人男2人を起訴newsclip

【タイ】8月17、18日にバンコクの2カ所で爆弾が爆発し、約150人が死傷した連続爆弾テロ事件で、タイ軍検察は24日、外国人男のマイライリー・ユスフ容疑者(26)とビラール・ムハンマド容疑者(24...

【タイ】9日未明(現地時間)、イスタンブールのタイ領事館にトルコ人のデモ隊が突入し、窓ガラスを割ったり、備品を壊すなどした。けが人はなかった。

特集



新着PR情報