RSS

プノンペンに日本式病院、10月開院

2016年9月20日(火) 23時03分(タイ時間)
【カンボジア】日揮、産業革新機構などの出資でプノンペンに建設された病院、サンライズジャパンホスピタルが完成し、20日、フン・セン首相らが出席し、開院式が行われた。10月に開院する。

 サンライズジャパンホスピタルは敷地面積7340平方メートル、鉄筋コンクリート造4階建て、延床面積4788平方メートル、ベッド数50。診療科目は救命救急センター、一般内科、一般外科、消化器内科、循環器内科、脳神経外科、脳血管内治療、神経内科、リハビリテーション科、健康診断センター。スタッフ数は日本人25人を含む125人を予定している。北原国際病院を運営する医療法人社団KNIの関連企業であるキタハラ・メディカル・ストラテジーズ・インターナショナルに医療業務を委託する。

 日本政府の成長戦略の1つである医療のパッケージ輸出を行う初の本格的な病院事業。脳神経外科を中核に救命救急機能を持つ日本式の病院を建設、日本の医療機器を数多く導入し、日本人医師が主導する質の高い医療サービスをカンボジア人、在留外国人に提供する。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、タイ北部の病院に医療機材支援newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部メーホンソン県クンユアム郡のクンユアム病院の医療機材整備を支援することを決め、18日、クンユアム郡で署名式を行った。支援額は279・7万バーツ(約1000万円)。

アユタヤのラチャタニ病院、タイ証取上場newsclip

【タイ】私立病院経営のラチャタニ・ホスピタルが1日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

【東南アジア】三井物産は27日、アジア最大手の中間所得層向け病院グループ、コロンビア・アジア・ヘルスケア(マレーシア)とコロンビア・アジア・ホスピタルズ(インド)の持ち株会社である米インターナショ...

私立病院のエカチャイ、タイ証取上場newsclip

【タイ】私立病院運営のエカチャイ・メディカルケアが27日、タイ証券取引所(SET)に上場した。