RSS

【グビナビ】 フィッシュアンドチップスの店ながらお薦めはソーセージ

2016年9月23日(金) 11時31分(タイ時間)
 の画像
 
 
 その名も「FISH & CHIPS」。バンコクのスクムビット通りソイ・カウボーイ間近という場所柄、お客のほとんどが欧米人、というフィッシュアンドチップス屋です。

 夜の店が連なるソイ23にあり(スクムビット通りから入って数十メートル左手)、日本人はたいてい素通り。「こんな店にやってくる日本人は自分だけ」と思っていましたが、界隈の日系企業で働く人たちでしょうか、何とOL風の女性を含めて日本人客を見かけるときがあります。チラホラですが。というより全体的にお客チラホラです。

 オーナーはおそらく英国人です。店内にランカシャーのポスターが何枚も貼ってあります。メニューはもちろんフィッシュとチップスがメインですが、フィッシュはどれほど新鮮か未知ですので、避けた方がいいと思います。

 ここではソーセージを注文してください。本場英国のようなバター(ころも)付きのソーセージがあります。「sausage with butter」とか「buttered sausage」などと呼ばれ、英国ではフィッシュ同様に注文される品です。

 チップスは本場のようにカリッとした食感でなくて残念なのですが、やはり英国では必須のモルトビネガーがテーブルの上に置いてありますので、たっぷりかけてください。残念さが紛れます。湯気に乗ってクセのある臭いのモルトビネガーが鼻にかかってきて、思わずむせるのが英国らしい食べ方です(昔ロンドンに住んでいました。そのときの思い出です)。深夜2時まで営業。安くて満腹感あります。

ソーセージ90B
チップス90B
フィッシュ(Dory)150B
フィッシュ(Cod)220B
《newsclip》

特集



新着PR情報