RSS

襲撃受け警官5人死傷、タイ深南部

2016年9月23日(金) 15時32分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、23日午前10時半ごろ、タイ深南部ヤラー県で、警察のピックアップトラックが武装グループの襲撃を受け、警官3人が死亡、2人が負傷した。マレー系イスラム武装勢力による犯行とみられている。

 走行中のピックアップトラックが道路に埋設された爆弾の直撃を受け、横転、大破し、近くに隠れていた武装グループが負傷した警官に銃撃を浴びせた。

 タイ深南部は住民の大半がマレー語方言を話すイスラム教徒で、一部がタイからの分離独立を掲げて過激化し、タイ当局との武装抗争を続けている。2004年以降、1万5000件を超えるテロが発生し、6500人以上が死亡した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】3日午後5時半ごろ、タイ深南部パタニー県で、タイ国鉄(SRT)の線路に仕掛けた爆弾が爆発し、現場を走行していたスンガイコロク発ハジャイ行き旅客列車の最後尾の車両が大破した。

線路爆破、モスクにてき弾 タイ深南部情勢、ラマダン明け前に激化newsclip

【タイ】イスラム教のラマダン(断食月)の最終日である5日を前に、タイ深南部でマレー系イスラム武装勢力とタイ当局の抗争が激しさを増している。

【タイ】26日午前6時ごろ、マレーシア国境のタイ深南部ナラティワート県スンガイコーロク市で大規模な爆発があり、住民2人がけがをしたほか、建物数棟が破損した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、1日朝、タイ深南部ナラティワート県の山中で、マレー系イスラム武装勢力の拠点をタイ軍とタイ警察の合同部隊が攻撃し、銃撃戦の末、武装勢力側の男4人とタイ兵1人が死亡した。

特集



新着PR情報