RSS

コマツ、ラオスで不発弾除去支援

2016年9月25日(日) 21時42分(タイ時間)
新たに開発した対人地雷除去機(不発弾処理用)の画像
新たに開発した対人地雷除去機(不発弾処理用)
写真提供、コマツ
【ラオス】コマツは非政府組織(NGO)「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」との対人地雷除去に関する提携の範囲を拡大し、2008年から取り組んでいるカンボジアとアンゴラでのプロジェクトに続き、8月から、ラオスで不発弾の除去活動の支援を開始した。

 ラオスは国土の3割以上に大量の不発弾が残存し、爆発による死者、負傷者が毎年報告されている。JMASは2006年からラオスで不発弾の処理に携わってきたが、活動の中心となる人手による除去作業は危険をともない、処理に時間がかかるという問題があった。

 コマツはこうした問題に対処するため、従来のブルドーザーベースとは異なる油圧ショベルをベースにした「対人地雷除去機(不発弾処理用)」を新たに開発し、JMASに無償貸与した。新型機は特殊なバケットを装備し、硬い金属に覆われた不発のクラスター子弾を破砕することが可能。汎用性が高く、灌木除去や整地作業などにも使用できる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】8日、タイ北部ターク県の村2カ所で爆発が起き、5人が死亡、2人がけがをした。隣接するスコータイ県の陸軍演習場から村人が回収した不発弾が爆発したとみられている。

【タイ】タイのテレビ報道によると、17日午前9時ごろ、カンボジア国境に近いタイ東部トラート県の天然ゴム農園で爆発が起き、農園作業員のミャンマー人男性2人(25、20)が死亡した。

不発弾切断し爆発 9人死亡、20人けが バンコクnewsclip

【タイ】2日午前12時半ごろ、バンコク都バンケン区のラードプラーカオ・ソイ72通りのくず鉄工場で爆発が起き、9人が死亡、20人が負傷し、家屋15棟が損壊した。第2次世界大戦の不発弾が爆発したとみら...

第2次大戦の不発弾か バンコク都内の鉄道建設現場 newsclip

【タイ】3月29日夜、バンコク都内バンスー区の鉄道建設現場で、第2次世界大戦の不発弾とみられる物体がみつかり、警察の爆発物処理班が回収した。

【タイ】10日午後、タイ東部サケーオ県のタイ軍演習場で迫撃砲弾が爆発し、近くにいたタイ人少年(12)が即死した。少年は鉄くずとして売るため、演習場で砲弾、銃弾を拾い集めていた。不発弾を運ぶ途中に落...

【タイ】20日午後、タイ北部ピッサヌローク県のタイ軍演習場で爆発があり、15歳の少年2人が死亡、5歳の男児が重傷を負った。少年らはクズ鉄屋に売る銃弾を拾いに立ち入り禁止地域に忍び込み、不発弾に接触...

【タイ】タイのテレビ報道によると、27日午後5時半ごろ、タイ東部サケーオ県のカンボジア国境近くで、パトロール中のタイの男性警官が地雷を踏み爆死した。

今も続く地雷撤去 タイ・カンボジア国境で啓蒙イベントnewsclip

【タイ、カンボジア】21日、タイ東北部ウボンラチャタニ県ナムユーン郡のカンボジア国境地帯で、地雷・不発弾の撤去活動を紹介するイベントが開催され、ウボンラチャタニ県知事、在タイ日本大使館の大村周太郎...

ラオスに無償資金協力13億円、地雷除去支援などnewsclip

【ラオス】第7回日本メコン地域諸国首脳会議出席のため来日したラオスのトンシン首相は4日、東京で安倍首相と約25分間会談した。

タイ・カンボジア国境の地雷除去、日本政府が1200万バーツ支援newsclip

【タイ】日本政府はカンボジア国境のタイ東北部ウボンラチャタニ県ナムユーン郡の地雷・不発弾撤去計画に約1200万バーツを無償供与する。

【カンボジア】日本政府はカンボジアの地雷除去に8億9800万円の無償資金協力を行うことを決め、30日、プノンペンでハオ・ナムホン副首相兼外相と隈丸優次駐カンボジア大使が交換文書に署名した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、21日朝、タイ東北部シーサケート県のカンボジア国境近くで地雷が爆発し、パトロール中のタイ人男性兵士(22)が重傷を負った。爆発した地雷はかなり以前に埋設されたとみ...

【タイ】タイのテレビ報道によると、5日、タイ東北部スリン県のカンボジア国境近くで地雷が爆発し、パトロール中のタイ兵3人が負傷した。1人は片足切断の重傷。

【タイ】25日朝、タイ東北部サケーウ県のカンボジア国境地帯で地雷が爆発し、タイ人女性(64)が左足を失うなど重傷を負った。女性は食用となる植物を掘っていた際に地雷に触れたとみられている。タイ字紙タ...

【カンボジア】カンボジア北西部で地雷の爆発事故が相次ぎ、計9人が死亡した。

特集



新着PR情報