RSS

駐在員の評価 1位シンガポール、20位日本、24位タイ

2016年9月25日(日) 21時43分(タイ時間)
【アジア】英金融大手HSBCが外国人駐在員に駐在先に対する評価を聞いた2016年版の調査で、シンガポールが調査対象の45カ国・地域中1位になった。

 シンガポールは「キャリア」、「政治」、「治安」、「学校の質」などで1位になった。

 ランキング2―10位は順に、ニュージーランド、カナダ、チェコ、スイス、ノルウェー、オーストリア、スウェーデン、バーレーン、ドイツ。

 アジア諸国・地域は13位香港、14位台湾、19位ベトナム、20位日本、24位タイ、26位インド、28位マレーシア、34位中国、36位韓国、37位フィリピン、38位インドネシア。

 主要国は17位ロシア、21位フランス、22位英国、30位米国、45位ブラジル。

 190カ国・地域に駐在する2万6871人を対象に、今年3、4月、インターネット調査でアンケートを行った。質問は、駐在先の「経済状況」、「職場環境」、「可処分所得」、「文化」、「友人の作りやすさ」、「治安」、「教育環境」など。

 日本は「治安」、「健康」、「文化」が高く評価されたが、「ワークライフバランス」、「住居」、「寛容さ」などの点が低かった。

 タイは生活面の評価が高かった一方、ビジネス、経済面の評価が低い。
《newsclip》

注目ニュース

世界の航空会社ランキング タイ航空13位、バンコクエア20位newsclip

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2016年の航空会社ランキングで、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が1位になった。

【アジア】リクルートの旅行情報部門であるエイビーロード・リサーチ・センターが2015年に海外に渡航した日本人4000人に航空会社40社の評価を聞いた「エアライン満足度調査2016」で、シンガポール...

米誌の観光都市ランキング チェンマイ2位、バンコク14位newsclip

【タイ】米旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による2016年の観光都市ランキングで、タイ北部のチェンマイが2位、バンコクが14位に入った。

【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2016年版の「世界生計費調査・都市ランキング」で、外国人駐在員にとって最も物価の高い都市は香港だった。

【アジア】英人材調査会社ECAインターナショナルが世界の450以上の都市の生活費を調べた2016年の生活費ランキングで、アジア太平洋地域の1位は東京だった。円高で2015年の7位から首位に返り咲いた。

特集